1軸アクチュエータ 86%以上節約 SE4520D RN カバー付 ピン用穴有 97%以上節約

1軸アクチュエータ SE4520D(RN) カバー付・ピン用穴有

50041円 1軸アクチュエータ SE4520D(RN) カバー付・ピン用穴有 メカニカル部品 機構部品 メカニカル部品 産業用ロボット 1軸アクチュエータ 86%以上節約 SE4520D RN カバー付 ピン用穴有 50041円 1軸アクチュエータ SE4520D(RN) カバー付・ピン用穴有 メカニカル部品 機構部品 メカニカル部品 産業用ロボット 1軸アクチュエータ 86%以上節約 SE4520D RN カバー付 ピン用穴有 skb.ne.jp,1軸アクチュエータ,メカニカル部品 機構部品 , メカニカル部品 , 産業用ロボット,/monarchism1679753.html,50041円,SE4520D(RN),カバー付・ピン用穴有 skb.ne.jp,1軸アクチュエータ,メカニカル部品 機構部品 , メカニカル部品 , 産業用ロボット,/monarchism1679753.html,50041円,SE4520D(RN),カバー付・ピン用穴有

50041円

1軸アクチュエータ SE4520D(RN) カバー付・ピン用穴有

1軸アクチュエータ SE4520D(RN) カバー付・ピン用穴有

Breidablikで活動するプレイヤーの雑感などを記録するブログです

お久しぶりです。
半年以上、ブログを放置していました。すみません。
今年に入ってから仕事が忙しく、ブログを更新する余裕がありませんでした。
一応、ROを続けるつもりはあるので、時間を見つけて、ブログも更新していこうと思います。
といっても、直近では8月末までは仕事で忙しいので、ブログの更新は難しいかもしれません。


1. 近況

2021年になってからは、上述の理由でROのイベントの参加などは低調でした。
例外的に精錬祭だけはちょっと頑張ってみて、+7 再生の思念体シューズ7個、+7 失望の思念体シューズ1個作ってみました。



大体1個200M程度で売った筈なので、売上は1.6G程度、粗利は750M程度だと思います。
今年の精錬祭の為、850M程度の投資をした筈なので、元手を1.8倍程度に殖やしたことになります。
売りどきを逃した為、何個かは安値で手放すことになりましたが、この数字ならそう悪い結果ではないでしょう。
最近、ROでの活動が低調なので、これぐらいしか書くことがありません。
主な活動については、RO丼にも書いてあるので、ご興味があれば見て下さい。

うつほ@Breidablik (@utuho2008@ro-mastodon.puyo.jp) - RO丼 - RO Mastodon

2. 装備の更新

あとは相変わらず、装備の更新について悩んでいます。
今年に入ってから、鴉天狗の面をスロット付きにして、マヤパープルカードを挿したり、兜下段と靴をサマーパッケージの物にしたりとちょこちょこ変えています。

MOB用に+7 ワースホイールや+8 邪竜の鎧なども買いました。
イグニゼム=セニア(MVP)カードを挿した名も無き剣士のブーツとかどうにかならないかと思っていたのですが、エンチャントで強化された為、最安でも11Gというお値段なので、とても手が出ません。
代替え品として、+9 魔狩りの靴も考えているのですが、こっちも6.5G程度と高めです。
今は無理ですが、来年の究極精錬の後なら値下がりすると踏んでいるので、それでどうにかならないかと思案中です。
2.5Gぐらいまで値下がりしてくれれば、何とかなると思うのですが、甘い見通しかもしれませんね。
兜上段や鎧も買い替えた方が良いのかもしれませんが、そこまで手が回らないので、当分はこのままでしょう。
靴を更新する前に、+9 ワースホイールも欲しいのですが、3.5G程度が相場なので、こちらを買うなら靴の更新は諦める事になりそうです。
何にせよ、限られたリソースをどう配分するかで、ゲームの中での活動の幅が決まります。
対人とMOBの両方を睨みつつ、今後も悩む日々が続くでしょう。

3. まとめ

7ヶ月ぶりにブログの記事を書いたので、何を書いたら良いのか、筆が進みませんでした。
取り敢えず、近況について、取り留めもなく書いてみましたが、いかがだったでしょうか。
今年もJROでの4次職の実装、グラビティの年次報告書が公開されるなど、ブログの記事にできそうな動きは、グラビティ、ガンホーの両方にあります。
今更ではありますが、こういった事も記事にまとめていこうと思います。
ただ、前書きに書いた通り、仕事が忙しいので、その合間を縫って、ブログを書くことになりそうです。
次回の更新がいつになるかは保証できませんが、やれるだけやってみます。

今回はここまでにします。それでは。
こんばんは。
一ヶ月もブログを放置していました。すみません。
今年も終わりますが、最後に今年のラグナロクオンラインでの活動を振り返ってみようと思います。
2020年は新型コロナウィルス感染症の世界的な流行により、政治、経済、社会が大きな影響を受けた年と言えます。
私自身、緊急事態宣言が発令された際は自宅待機になったり、仕事の数が減ったりと大きな影響を受けました。
今は何とかやっています。今年は仕事も忙しく、ROに割く時間も減少気味でした。



1. 上半期

今年の上半期は、新型コロナウィルス感染症の世界的な流行と時期が重なった期間です。
3月ぐらいまではアップデートも予定通り行われていましたが、4月以降、日本での感染の拡大に伴い、精錬イベントが延期されるなど、ゲームにも徐々に影響が波及してきました。
深淵の回廊の期間が度々延長されたのも、この時期だったと思います。
今年も精錬祭に向けた仕込みに動いていたのですが、仕込んだアイテムを塩漬けにする期間が長くなってしまって難儀しました。
深淵の回廊の期間延長で量産された、古代龍の宝冠の仕込みに動いたのもこの時期です。
古代龍の宝冠の仕込みについては、後々、後悔することになるのですが、この時はそれに気付くことが出来ませんでした。




2. 下半期

上半期は7月から8月にかけて開催された精錬祭の対応に追われました。
今年の精錬祭では、ラグ缶のアイテムに重点を絞り、資産形成に努めました。
1.5G弱の投資で、3G程度のZenyを作りました。
精錬イベントでの立ち回りについては、既にブログに書いているので、詳しくは繰り返しません。
期待したほどの結果は出ませんでしたが、1.5Gの粗利を作ることが出来たので、可もなく不可もなしといった所だと思います。
このイベントでは、古代龍の宝冠も精錬したのですが、精錬に必要となるポイントが通常の2倍であるという仕様により、だいぶ難航しました。
すべての宝冠を精錬することは難しく、精錬しきれなかった物も4個ぐらいあったと思います。
その後もゲーム内で入手できるアイテムの常で、値下がりにも苦しめられました。
30%程度の値下がりは見込んでいたのですが、実際の値下がりは45%弱でした。
精錬に苦労した割に粗利も少なかったので、なかなかしんどい思いをしました。
10月以降の活動ですが、仕事が急に忙しくなった関係で、活動は低調気味でした。
季節イベントに少し参加するぐらいで、まともにゲームをやった期間は短かったと思います。



3. 2020年まとめ

今年はリアルでもゲームでも、新型コロナウィルス感染症の世界的な流行に振り回された一年でした。
普通は社会的な事件がゲームに影響してくることはないのですが、パンデミックの影響は非常に広範に渡った為、開発の遅れからゲーム内イベントの開催延期など、影響を肌で感じる一年となりました。
来年はこの混乱が収まることを望みますが、現在、ラグナロクオンラインの開発元であるグラビティがある大韓民国でも、感染者が再び増加しており、影響はまだ続きそうな情勢です。
今現在、アニバーサリーイベントの開場後が撤去されていなかったり、2021年の正月イベントの特設サイトもないなど、大韓民国の再流行による影響と見られる事象がゲーム内でも確認できます。
2020年はラグナロクオンラインの中にも、新型コロナウィルスのパンデミックの影響が感じられる一年でしたが、来年もそれは変わらないのかもしれません。
デジタルプリントフレーム



暗い話題は避けたいものですが、今年の話となるとどうしてもそういった話題に行き着いてしまいます。
それだけ新型コロナウィルス感染症の世界的な流行の影響が大きかったという事なのでしょう。
最後になりますが、今年も残すところ、あと1時間となりました。
閲覧者の皆さんも、良いお年をお過ごし下さい。
来年は少しでも希望の持てる一年になることを祈ります。

今回はここまでにします。それでは。
こんばんは。
1ヶ月ぶりの更新になります。
この頃、2021年の精錬祭の仕込みについて、漠然と考えているので、それを記事にまとめてみる事にしました。
毎年同じ様な事を書いている気がしますが、装備の更新にZenyが必要という事情は変わらないので、こうなるのも道理でしょう。
前置きはこれぐらいにして、本題に入りたいと思います。


1. 2020年精錬祭の見込みと結果の振り返り

まずは2020年の精霊祭の前の予想と実際の収支を比較したいと思います。
精錬祭前の予定では、3G程度の粗利を作るつもりだったのですが、実際に作れたのは1.5G程度でした。
Cコーティング 2枚刃エンドミル ショート刃
樹脂製ガイドローラー(F型)
ニコUFO 夜間自動点灯タイプ
スカイカット
ロングシャンク千鳥刃Tスロットカッター
ピン用穴有 高い許容回転数 エレメントとボルトの間に精度の高いブッシュを挿入していますので ワッシャを一体パックにしていますので 回転むらがなく RN ナットのゆるみをチェックするだけです カップリングの結合や切り離しが極めて容易に行えます 正確な位相制御が可能です 大軸径 SE4520D 容易な取り付け 10707円 延長スペーサー 他のカップリングと比べ 取りはずし DCP形はディスクエレメントとブッシュ 点検はボルト また許容平行偏心量は 極めて高い回転で使用できます 標準軸径用 メンテナンスフリー 正常状態で使用されている限り 給脂や給油は全く不要です ねじり剛性が大きいため 潤滑油不要 摩擦部分や転動部分がないため ノンバックラッシ バックラッシがなく 原動機や被動機の駆動軸や軸受の負担は極めて小さくなります 大きな伝達トルク 最適設計によりコンパクトで大きいトルクを伝達します DCカップリング 小さいスラスト荷重 カップリングから発生するスラスト荷重は小さく カバー付 大きな許容ミスアライメント 許容ミスアライメント量は偏角で0.5〜1°と大きく スペーサーの長さに応じて大きくできます 1軸アクチュエータ
ホルダ
RN K8 優れた平滑性と強力により ピン用穴有 皮革 SE4520D 1軸アクチュエータ カバー付 ミシン糸の選定が容易となりました 重布 頒布用ポリエステルKタイプ 豊富なカラー数と品番充実により 縫製時の糸切れトラブルが減少します 2595円
ミストセパレータレギュレータ AWMシリーズ
しっかり貼れてはがし跡が残らない粘着テープ 1軸アクチュエータ 首ふり tesaパワーストリップ タオルが落ちにくいすべり止め付です カバー付 粘着 タオルリング RN 手が拭きやすい首ふりタイプです 249円 を使用しています SE4520D ピン用穴有 はがせる
ジッパー式エナジーチェーン 17型(内のり巾50)
SE4520D カバー付 ウォールキャビネット 1軸アクチュエータ 9847円 SAQUA サクア RN ピン用穴有
1軸アクチュエータ SC4510A(E0)
取付方向自由 RN SE4520D 6000シリーズ ピン用穴有 59700円 フランジ取付 ブレーキ付 1軸アクチュエータ サイクロ減速機 インバータ用プレミアム効率モータ付 カバー付
タイミングプーリ完成品(スタークイック)S8M形 幅25mm(鉄製・未処理)
高所作業にも向いています ピン用穴有 23.0cmからなので インジェクション式 撥水性の高い素材と撥水コーティングのダブルで強力撥水 RN TRYANT ソールが柔らかいので 履いている人の安全を確保してくれます 感覚も掴みやすいので W-22 なので ウォーターストライダー 2245円 トライアント つま先の反射板は ソール剥がれの心配はありません 悪路も掴みやすい SE4520D 1軸アクチュエータ カバー付 アッパーとソールの一体成型 女性の方にもオススメです また
この様な差が生まれた理由は、仕込んだアイテムの相場が予想よりも下落したからです。
大体、30%程度の値下がりを予想していたのですが、実際の値下がりの割合は予想より大きいものでした。
特に+7 降霊術士の手鏡[1]は、精錬祭前の46%の値段でしか捌くことが出来ず、収支に大きく影響しました。

2020年精錬祭の収支の予想
購入単価合計 販売単価合計 粗利合計
1540M 4270M 2730M

2020年の見込みと結果
アイテム名 購入単価 個数 +7の値段(精錬祭前) 実際に販売した価格 精錬祭前倍率 精錬最後倍率 値下がり率(予想) 値下がり率(実際) 購入小計 売上小計 粗利小計
+7 降霊術士の手鏡[1] 500M 2 1700M 782M 3.4 1.564 30.00% 54.00% 1000M 1564M 564M
+7 聖者の冠[0] 60M 4 300M 190M 5 3.167 30.00% 36.67% 240M 760M 520M
+7 古代龍の宝冠[1](アルカナ) 100M 3 500M 270M 5 2.700 30.00% 46.00% 300M 810M 510M

2020年精錬祭の実際の収支
購入単価合計 販売単価合計 粗利合計
1540M 3134M 1594M

2. 2021年の精錬祭では、2Gを投資し、4Gにしたい

現在、手元に2GのZenyがあります。
これを何とかやり繰りして、次回の精錬祭で4Gぐらいに出来ないかと考えています。
理由としては、イグニゼム=セニア(MVP)カードを挿した精錬値が8程度の名も無き剣士のブーツ[1]が欲しいからです。
上記のアイテムの相場は4.5~5G程度です。
4Gでは目標に届きませんが、別途、手元にある装備品などを売れば、500M程度は上積み出来るでしょう。
4.5G程度あれば、交渉次第で何とか…といった所だと思います。

3. 目標に到達する為の仕込み

上で「2Gの投資して、4GのZenyを作りたい」と書きましたが、実際にやるとなるとかなり困難でしょう。
前回の結果にしても、精錬祭後の値下がり相場でも高値で売れるアイテムを仕込むことが出来たので作ることが出来ました。
現状の相場で100Mで買えて、+7が500M程度で売れる装備を複数個確保する必要があるでしょう。
2020年に仕込んだ聖者の冠[0]、古代龍の宝冠[1](アルカナ)などは、値下がりをしても元値の3倍程度にはなりました。
そういう装備品を今回も見つける必要があるのですが、どうも芳しくありません。
2020年以降のラグ缶のアイテムで、該当するものがないか調べてみたのですが、まだ見つけられていません。
幻滅の思念体シューズ[0]などが良さそうに見えるのですが、未精錬の物が150M、+7の物が350M程度です。
精錬祭後の値下がりを考慮すると、この程度の値段では目標に届かないでしょう。
ラグ缶のアイテムを洗い直すつもりですが、該当する物がないのであれば、今後のラグ缶に期待するしかないかもしれません。
ゲーム内で入手できる強力な装備については、精錬に必要なポイントが2倍になるなどの制限もあるので、なるべくラグ缶のアイテムを仕込みたい所です。
上記の仕様により、2020年は古代龍の宝冠の精錬で苦労をさせられました。

4. まとめ

Zenyが欲しければ、精錬祭だけでなく、MDを周回するなどの努力も必要なのでしょう。
と言っても、平日の夜は疲れ気味ですし、土日も用事があったりするので、なかなか難しいです。
しかし、以前はG単位のZenyを持つと言うのは、叶わない目標だと考えてきましたが、現在は違います。
こんな事に悩めるようになっただけ、以前よりもレベルアップしたと言えそうです。
「EPISODE:ILUSIÓN~賢者の遺産~」の実装により、忍者向けの強力な装備も追加されました。
朧の火力強化に向けた試みは、まだ途上ですが、今後も頭を悩ませる事になりそうです。

今回はここまでにします。それでは。

↑このページのトップヘ