skb.ne.jp

『尼ロック入門』

2006年03月31日 [ 出版・リファレンス / 尼ロック防災展示室 ]

尼ロック入門
AMAGASAKI KOUMON since 1955

●発行:兵庫県 阪神南県民局 県土整備部
    尼崎港管理事務所
●編集:(株) 生活環境文化研究所
●価格:無料配布
●防災学習ブック:12ページ/A5版
●発行日:2006年3月31日

『暴力とカスタマイズ』

2004年06月03日 [ 出版・リファレンス / 南芦屋浜コミュニティ&アート計画 ]

南芦屋浜コミュニティ&アートプロジェクト 6年間の軌跡
"人が住み、暮らすことによってはじめて成立するアートワーク" を検証

maca●発行者:南芦屋浜コミュニティ&アートプロジェクト
     記録誌制作チーム
●制作:橋本敏子 吉川健一郎 久保田テツ
●編集:虎石薫
●編集協力:村尾純子 水島あかね
●価格:1,000円(税込)
●記録誌:64ページ/A5版 カラー
●発行日:2004年6月3日
●申込み:⇒http://skb.ne.jp/maca/

アートはリアルな社会とどのような関係を結べるのか?

『青波〜ブルー・ヴァーグ(Bleu vague)』

2003年07月07日 [ 出版・リファレンス ]

030707_bleuvague05-thumb.jpgみなとから考える東北
Bleu vague vol.05~vol.12

●企画・発行:国道交通省 東北地方整備局 港湾空港部
●編集・制作:(財) 港湾空港建設技術サービスセンター
●企画編集協力:(株) 生活環境文化研究所
●監修者:橋本敏子
●編集人:井上理津子
●価格:無料配布
●広報誌:26〜28ページ/A4版
●発行日:2003年7月7日〜2005年3月31日(vol.05〜12)
●バックナンバー:国道交通省 東北地方整備局 港湾空港部
http://www.pa.thr.mlit.go.jp/kakyoin/magazine/maga000.html

『みどりのコミュニティデザイン』

2002年11月30日 [ 出版・リファレンス / 南芦屋浜コミュニティ&アート計画 ]

みどりから始まる参画と協働のまちづくり
市民が動く! 専門家が燃える! 行政が支える!

●編集:中瀬勲 林まゆみ
●価格:2,520円(税込)
●単行本:222ページ
●発行日:2002年11月30日
●発行所:株式会社学芸出版社
●ISBN: 4761523034

amazon

本著「2章 みどりがまちを変えだした──だんだん畑をコミュニティ形成のソフトに」を橋本敏子が執筆担当。

『社会とアートのえんむすび1996-2000─つなぎ手たちの実践─』

2001年11月18日 [ 出版・リファレンス / ドキュメント2000プロジェクト ]

ドキュメント2000プロジェクト
DOCUMENT2000 PROJECT (1996-2000)

●発行:ドキュメント2000プロジェクト実行委員会
●編集:荻原康子 熊倉純子
●編集協力:久保田テツ 片平深雪
●デザイン:アジール・デザイン
●価格:2,625円(税込)
●単行本:243ページ
●発行日:2001年11月18日
●発売:株式会社トランスアート市谷分室
●ASIN:4887521561

amazon

『生活者の視点から捉えた近畿圏の将来ビジョンに関する調査』

2000年08月01日 [ 出版・リファレンス ]

「私」が変わる・地域を変える
平成11年度 国土庁大都市圏整備局 調査研究 報告書

●発注:国土庁大都市圏整備局
●受託編集:生活環境文化研究所
●報告書:68ページ/A4版
●発行日:2000年8月

近畿圏基本整備計画を、生活者の近未来ライフスタイルやコミュニティとのかかわりの変化から展望し、整備課題を提言した調査レポート。

『MACA通信』

1999年01月20日 [ 出版・リファレンス / 南芦屋浜コミュニティ&アート計画 ]

MACA不思議な応援団 MA〜ぃぃっCAの精神で MAさCAここまでやるなんて…
Minami Ashiyahama Community & Art project

●発行者:Community&Art project Fellowship
     (MACA) 事務局
●編集責任者:橋本敏子
●編集スタッフ:久保田テツ 佐藤則子
●価格:無料配布
●ニュースレター:4〜6ページ/A4版
●発行日:1999年1月20日〜2002年5月14日
     隔月〜半年に1回発行・全14号

MACA通信は、プロジェクトのその後の様子を伝えることを目的に応援団発足と同時に発行したニュースレターである。応援団員の南芦屋浜団地のドキュメントやアーティスト・インタビュー等で構成され、アートワークがコミュニティ形成に与える影響や、住民とのかかわりを詳細にレポート。

『社会とアートの橋渡し』中間活動報告書(1996〜1997)

1998年11月20日 [ 出版・リファレンス / ドキュメント2000プロジェクト ]

ドキュメント2000プロジェクト
DOCUMENT2000 PROJECT (1996-1997)

●企画:ドキュメント2000プロジェクト実行委員会
●編集:ドキュメント2000プロジェクト事務局
    橋本敏子 久保田テツ(文化農場)
●編集協力:菅家千珠 津村正二(TSUMURA GRAFIK)
●価格:500円(税込)
●報告書:62ページ/A4版
●発行日:1998年11月20日
●発行:ドキュメント2000プロジェクト

「社会とアートの橋渡し」を目指し、先駆的アートプロジェクトの助成を行っているドキュメント2000PJ の中間活動報告書。現場の声が聞けます・見えます。

『レンゲ通信』

1997年11月04日 [ 出版・リファレンス / 南芦屋浜コミュニティ&アート計画 ]

楽農講座やってます!
Minami Ashiyahama Community & Art project

●発行者:南芦屋浜アートワーク推進室
     (生活環境文化研究所)
●担当:久保田 山田
●協力:南芦屋浜楽農倶楽部準備会
●価格:無料配布
●ニュースレター:1〜2ページ/A3版
●発行日:1997年11月4日〜1998年6月12日
     不定期発行・全8号

レンゲ通信は、「楽農講座」に参加できなかった人(仮設住宅の居住者)に向けて配布していたニュースレター。講座の内容や参加者の意見などを伝え、次回の案内も兼ねて仮設住宅に配布したり、集会所に置いてもらった。

『地域の力とアートエネルギー』

1997年02月05日 [ 出版・リファレンス ]

アートが呼び起こす都市[まち]の不思議な力!
Regional potentials and Art-energy

●著者:橋本敏子
●価格:1,995円(税込)
●単行本:206ページ
●発行日:1997年2月
●出版社:学陽書房
●ASIN:4313470085

amazon

アートプロジェクトは地域にどんなエネルギーを掘り起こしたのか?
アートマネージメントの現場と課題を具体的に示す好著。

SKB Archives
  •  + Home [トップページ]
  •  + About [会社概要・業務内容]
  •  + News [ニュース・お知らせ]
  •  + Issues [出版・リファレンス]
  •  + Projects [主要プロジェクト]
  •  + Archives [アーカイブ]
  •  + Salon [はしやすめ]
  •  + Contact [お問い合わせ]
  •  » NCF [一般社団法人 文化農場]
NCF Topics
SKB+CF Topics