skb.ne.jp

2005〜2008年

hashimoto [ アーカイヴ ]

‘00からSKBのPJは長期・大規模・地域恊働型を中心とするものにエネルギーを投下していった結果、都市部の生活や今日的な動きに関わる機会がほとんどなくなってしまった。小規模な組織故に多角的な活動には限界があるのだ。海・みなと関係の広報業務はさらにひろがりをみせ国交省の海の環境再生技術センターの広報誌及びWEB「ぷかぷかまんなか」(’05)の企画・制作及び大阪湾再生ニューズ「ぼちぼちいこか」(’06〜’07)、「尼ロック防災展示室計画」(’05)、大阪港埠頭公社の子ども向け見学ツール「コンテナ双六」などを手がけている。

アート系プロジェクトではサントリー次世代研究所との共同研究「mine プロジェクト」(’05)がある。この仕事は、個人の多様なアート評価の実態を捉える手法の実験などを通してアートへの新たなアプローチの可能性を検証する試みとして印象深い仕事だった。持続して取り組めば面白い結果がでたのではと思うが、多少難解だったため1回で終了。

「大阪駅開発パブリックスペース計画」(’07)は、アート導入を柱に大規模整備が進む大阪駅のパブリックスペースのありかたをハードソフト一体型で計画する大規模なプロジェクト。建築家青木淳氏に参加を要請し、多くの専門家の協力を得て計画を提案した。画期的な提案を求めるというJR西日本からの要請だったが、結局私たちの提案を採用しなかった。このダメージはSKBの体力・気力を大きく削いだ。

一方、5年にわたって取り組んで来た「丹波並木道中央公園」プロジェクトは部分開園を迎えたが、確実と思われた指定管理者選定に破れ(’07)、ここからも去らねばならなくなった。「御前浜周辺環境整備計画」は地域住民の活動が軌道にのり出し、海辺をまもり・つかい・育てる自主的な組織づくりに発展していった。また海岸環境の新たな整備をめざす防潮堤改修計画も諸々の難問を越えてようやく実現の見通しがたってきた。

‘06年頃から、SKBの未来について深く考えるようになっていた。ソフトとハードをつなぎ、地域の可能性を文化的な視点から引き出し活用することで、地域にとって、社会にとって意味ある環境をつくる手助けをしたい、そのキーとなるものに「アートの持つコミュニケーションするチカラ」を活かしたい。そのような強い思いをもって取り組んで来た。私たちが試みたことはささやかだが、この33年間、自主独立で信じることを貫き通せたのは多くの人々の理解と協力、そして優秀でタフなスタッフの力による。そのことを何より誇りにしたい。

2002〜2004年

hashimoto [ アーカイヴ ]

実施数は36本。平均年間10〜12本が私たちのできる仕事のキャパとして定着してきた。子どもたちを対象にした学習プログラムの開発・実践が増えてきたのもこの時期である。子どもと海・みなとの関係回復を柱にしたみなとの総合学習「わくわく調査船」(’03〜’04)、河川をフィールドにした兵庫県の「キッズ・プロジェクト」(’03〜’04)、「尼崎・西宮・芦屋港みなと・海岸防災についての総合学習」(’04〜’05)などだ。また、関連してみなと関係の広報活動にも広がってゆく。東北地方整備局港湾空港部広報誌「Blue Vague」の企画・編集(‘03〜’04)、上方発祥の伝統文化「立版古」を現代に蘇らせた「みなとの立版古」(‘03〜’04)は大きな反響を呼んだ。その他、海・港関係のプロジェクトを多く手がけた。

地域住民・利用者と行政の恊働による海辺環境の整備をめざす「御前浜周辺整備計画」(’03〜‘09)もこの年から始まり、丹波並木道中央公園とともに長期的に取り組むSKBの中心プロジェクトとなってゆく。いずれも調査から始まり、地域に入り顔の見える関係を築きながら進めるという手法に再び帰ってきたのである。

久しぶりの大規模なアートPJ「湊町アンダーグラウンドPJ」(’03)の総合プロデュースは自主的な活動として取り組んだ記念的な仕事だ。アート・建築関係の学生や社会人など多様な人々がボランティアで参加し、現代の都市空間の意味を問うアートワークとして全国的な話題を呼んだ。

1999〜2001年

hashimoto [ アーカイヴ ]

この時期の仕事は前期にくらべると大きく減少しているが(30本)、それは一つのプロジェクトが長期的・大規模なものに変化したためである。また前期の仕事をきっかけに新たな仕事がスタートするという流れがより明確に出て来た。南芦屋浜のプロジェクトは、「木津南地区コミュニティ形成のためのまちづくり方策」としてその後、たほりつこ・伊東豊雄設計によるアートによる近隣公園整備計画として展開するが(’99〜01)、諸々の事情で実現できず終了。

一方、「なぎさ海道Jは持続可能な開発という時代を先取りする思想のもとに、海辺と人の新たな関係回復を目指す様々な取り組みとして多くのエネルギーを投入した。これをきっかけに、海関連の仕事は国交省の「大阪湾臨海空間を活用した総合学習検討調査(みなとの総合学習)」(’01〜’04)へと展開してゆく。新たな長期プロジェクト「丹波並木道中央公園計画」(’01〜’07)に関わることになったのもこの時期からである。

今まで都市部の、目に見える規模の、人々の生活そのものを対象としてきたSKBの仕事の路線が変わり始めたのはこの頃からだ。それは扱う対象が同じであっても国土庁の仕事「生活者の視点からとらえた近畿圏の将来ビジョンに関する調査」(’99)に代表される立ち位置の変化にみられる。

また、この時期からプロジェクトの進行と同時にWebによる情報発信に力を入れ始めている。

1996〜1998年

hashimoto [ アーカイヴ ]

震災の大打撃は、結果的にSKBをあらたなフィールドに誘うことになった。その結果が実施プロジェクト53本に現れている。SKBの代表作となる震災復興事業関連のひとつ「売布神社駅前再開発事業に関わる公益施設計画」(’96〜’99)は調査〜計画・プロセスマネージメント・竣工までを一貫して行ったもので、その後ソフト・ハード一体型整備を掲げるSKBの姿勢を体現した作品だ。

「南芦屋浜コミュニティ&アート計画」(’96〜‘98)はアートプロジェクトの代表作。完成後も10年間対象となった団地やその住民の活動にかかわり、アートプロジェクトと社会の関わりの禍福を実感することとなった。そのプロセスは記録誌「暴力とカスタマイズ」(’04)として自費出版した。これらの体験は、その後のアートプロジェクトへのスタンスを確立する基盤となった。

‘96〜’01まで行うことを限定してスタートした「ドキュメント2000プロジェクト」は、全国のアートの新たな試みを“アートと社会の橋渡し”する支援活動を大企業5社の企業メセナとして行った文化農場プロデュースの新たな活動である。経済的支援だけでなく、アートを育てる・伝え合うことを目指し各社の社会貢献活動担当やアートの専門家が参加し、アートプロジェクトにアドバイスも行うという方式を打ち出した。この活動の蒔いたタネは各地で様々な形で育ってゆき、その後のアートプロジェクトに大きな影響を与えていった。

「なぎさ海道」(’96〜’03)との関わりも震災直後からだ。また “海・みなと”という新たな分野に関わるきっかけとなった「なぎさ海道」プロジェクト(’96〜’04)がこの時期から始まっている。

その他、サントリー次世代研究所の研究PJ「盛り場研究」(’98〜’00)など多くの新たなプロジェクトに夢中で取り組んだ。いずれも、今までなら実現しそうもなかったことが震災という自然エネルギーによって「社会的活断層」ともいうべき時代の問題を露出させ、ブレークスルーする力を引き出した。私たちもその一端に関われたことによって次のステップに展開してゆくことになる。

1993〜1995年

hashimoto [ アーカイヴ ]

「阪神・淡路大震災」(’95)は、社会・経済・文化に大きなダメージと亀裂をもたらし、その影響はインフラが復興した後も大きな後遺症をもたらした。多くの仕事は中止・凍結になりSKBの仕事も激減した(28本)。大きな借金を抱え、この時期をどう乗り越えたか、無我夢中の日々だった記憶しかない。

震災発生までは、前期から少しずつ認められだした「アート」を取り入れたプロジェクトに関わる機会が増えだした。尼崎市の「庄下川水まつり」(’94)の総合プロデュースでは、河川の環境整備事業完成イベントの一部にドイツ人アーティストを起用した大規模な野外アートプロジェクトを実施、国土庁の「地域におけるアート共感促進のための調査」(’95)、凍結・中止になった神戸市「西神南市民美術館基本計画」(’95)などがある。

また、バブル終焉とともに行政や企業が地域資源の活用や、地域社会との関係を見直そうとする動きが出始め企業施設の地域開放、産業集積を生かす産業遊園構想などにも関わった。震災をきっかけに時代は少しずつ変わろうとしていたのである。

1990〜1992年

hashimoto [ アーカイヴ ]

バブル崩壊が忍び寄ってきた時期だが、まだ仕事は見た目好調が続いていた(計53本)。調査関係の仕事はSKBの仕事の基盤となっていて、定量調査からインタビュー調査、実態調査など各種の定性調査を行っていた。しかし、次第に調査の仕事より実現性のある企画提案の仕事に関心が強まって行った。委託も多かったし、企画提案から仕事へ展開していくケースも増え始めた。

「近松劇場建設のための基礎調査」(’90〜91)や「大阪ガス・御池プロジェクト4Dガーデン」(’90〜91)など、今までなかなか来なかった文化領域や文化情報発信機能を持つ施設計画の仕事も少しずつ来だし、民間企業のプロジェクトに「アート系」の要素を組み込んだ企画を出せるようになった。

女性問題関係の仕事は、調査や施策立案関係から女性の視点を生かすプログラム提案「女性の目と手によるまちづくり調査」(’91〜92)など、SKBの独自性・先見性を発揮した仕事へと展開していった。

1987〜1989年

hashimoto [ アーカイヴ ]

前期に引き続き、ガスショップリニューアルやマーケティング関係の調査などが仕事の中心だったが(計58本)、このあたりから複数年にわたり取り組むプロジェクトがいくつかでてきた。「大阪府婦人総合センター」(’81〜途中中断〜‘87)「神明住設ガスセンター(SCIMES –プロジェクト:’86〜’89)」など。

行政からの委託作業の中心となった女性問題関係の調査はテーマの広がりを持ち始めていたが、私たちの問題意識との距離感を次第に感じはじめていた。電通の委託研究の形をとって行った「スクールキャリア女性の人生双六」(‘87)は、当時不遇だった高学歴(有名大学卒)の働く女性たちの生活意識と未来像のレポートは、行政の女性施策と異なるリアルな視点からアプローチした3回のシリーズ研究だ。

また、この頃から大規模な施設構想の計画コンセプト立案と事業計画を複合した企画提案の仕事が増え始めた。「大阪市総合生涯学習施設」(’89〜’91)、「東大阪ライフクリエィティブセンター」(’89)や、コンペチームへの参加なども増えだした。

1984〜1986年

hashimoto [ アーカイヴ ]

事務所設立10年を含むこの時期には60本の仕事をしている。各種調査や女性問題関係の計画などを中心にさらに仕事の数が増加、スタッフも10名になっていた。そうでなければこれだけの仕事を行うことはできなかった。時代はバブル期前夜、どこを向いても企業は元気がよく、新たな試みにトライしようとするクライアントが多くいた。 大阪ガスの一連の新たなガスショップリニューアル計画もそのひとつ。なかでも西神ニュータウンの「神明住設ガスセンター(SCIMES・プロジェクト)」計画(‘86〜’89)は「モノを売る前に地域の信頼獲得を事業戦略の核にする」というバブルと一線を画した試みとして印象深い。またこの計画にはアーティストがインテリアや外部空間の計画に参加する初めての仕事でもあった。20年後(’06)に、ショップを全面リニューアルする時も当時の作品を大事にメンテしているので継続して活用したいとの連絡をもらった。こうしたことがあると仕事をしていてよかったと嬉しくなる。

その他、委託研究として“コミュニケーション環境としての都市環境”に着目した環境のマーケティングを提唱した「新・環境業態論」(‘86)も重要な仕事の一つ。理論的裏付けは不十分ながら、その後のSKBのテーマになってゆく芽がここから生まれている。公共空間である都市公園の再開発と民営施設との複合利用事業化を検討する「天王寺クレバス」(‘85)なども、その後のパブリックスペースへの関心につながる仕事だ。

1981〜1983年

hashimoto [ アーカイヴ ]

この時期、広告代理店の仕事は増える一方だった(53本)。経営的には安定してきたし、単独ではとても出来ない大きなプロジェクトに関われることはなにより面白かった。しかし反面、これでいいのかな、こういう仕事が独立事務所を持った目的だったのかなと思うこともあった。

一方で、少しずつ行政関係の仕事を直接受注できるようになってきた。国連女性の10年が始まっており、行政も女性問題を施策として取り上げ始めたこともあって、「女性スタッフだけのコンサル」ということから女性問題関連の仕事がこの時期から始まった。大阪府の「婦人総合施設構想」(’81)もその一つだ。

1978〜1980年

hashimoto [ アーカイヴ ]

3年が過ぎたころから、コンサルとしての仕事が少しずつ増えプロジェクト数は40本になった。と言っても大手・先輩コンサルのお手伝い(下請け)が中心で、観光振興や行政の広報に関連した広告代理店からの調査の仕事などが主な内容である。仕事のスケールが少し広がっていったのもこの頃から。仕事の量も一気に増えだした。私の仕事上の“親元”でもある設計事務所のお手伝いで農業構造改善事業の一環として農村の施設整備の仕事もいくつかした。

そのようなことから四国や北陸方面にも仕事でしばしば出かけた。地域の実態に触れることは、とても勉強になったし、都市部だけを見て判断することの危険性も実感した。地方の生活あって都市が成り立っていることを知らされた時期だ。

1975〜1977年

hashimoto [ アーカイヴ ]

スタートの3年間は全部で18本の仕事。初めて依頼された仕事「紀伊半島下北山村現状調査」は、知人の造園コンサル事務所の所長が独立のお祝いに発注くださったもの。奈良県の最南端の小さな村の林業関係と村の生活調査。その後、仕事に悩むとこの村を訪ね、原点に帰って心を鎮めた。

商品開発のマーケティングから、建築計画の基本構想のアイディアづくりなどなんでも引き受けたが、特に印象深いのは「コミュニティ銭湯」の調査(‘77)。当時自主研究として銭湯研究をしていた私は、衰退業種の代表と言われていた銭湯がコミュニティの核として重要な役割を担っていることを論文に書いていた。この調査によって、その後のニュー銭湯ブームの先駆けとなるホールのあるコミュニティ銭湯誕生へと展開することになる。

また、京大・米山先生に誘われ、「天神祭の研究」(’77)にも参加。学生気分に還ってヒアリング調査の一部を担当。仕事が少なかったこともあり、遊びか仕事か境界線がない状態で過ごすことで多くの人に出会い、学ばせて貰った。遊びと仕事がシームレスというスタイルは、その後のSKBの基本的な姿勢にもなってゆく。

 1 |  2 | ALL
SKB Archives
  •  + Home [トップページ]
  •  + About [会社概要・業務内容]
  •  + News [ニュース・お知らせ]
  •  + Issues [出版・リファレンス]
  •  + Projects [主要プロジェクト]
  •  + Archives [アーカイブ]
  •  + Salon [はしやすめ]
  •  + Contact [お問い合わせ]
  •  » NCF [一般社団法人 文化農場]
NCF Topics
SKB+CF Topics