skb.ne.jp
skb.ne.jp

2005〜2008年

‘00からSKBのPJは長期・大規模・地域恊働型を中心とするものにエネルギーを投下していった結果、都市部の生活や今日的な動きに関わる機会がほとんどなくなってしまった。小規模な組織故に多角的な活動には限界があるのだ。海・みなと関係の広報業務はさらにひろがりをみせ国交省の海の環境再生技術センターの広報誌及びWEB「ぷかぷかまんなか」(’05)の企画・制作及び大阪湾再生ニューズ「ぼちぼちいこか」(’06〜’07)、「尼ロック防災展示室計画」(’05)、大阪港埠頭公社の子ども向け見学ツール「コンテナ双六」などを手がけている。

アート系プロジェクトではサントリー次世代研究所との共同研究「mine プロジェクト」(’05)がある。この仕事は、個人の多様なアート評価の実態を捉える手法の実験などを通してアートへの新たなアプローチの可能性を検証する試みとして印象深い仕事だった。持続して取り組めば面白い結果がでたのではと思うが、多少難解だったため1回で終了。

「大阪駅開発パブリックスペース計画」(’07)は、アート導入を柱に大規模整備が進む大阪駅のパブリックスペースのありかたをハードソフト一体型で計画する大規模なプロジェクト。建築家青木淳氏に参加を要請し、多くの専門家の協力を得て計画を提案した。画期的な提案を求めるというJR西日本からの要請だったが、結局私たちの提案を採用しなかった。このダメージはSKBの体力・気力を大きく削いだ。

一方、5年にわたって取り組んで来た「丹波並木道中央公園」プロジェクトは部分開園を迎えたが、確実と思われた指定管理者選定に破れ(’07)、ここからも去らねばならなくなった。「御前浜周辺環境整備計画」は地域住民の活動が軌道にのり出し、海辺をまもり・つかい・育てる自主的な組織づくりに発展していった。また海岸環境の新たな整備をめざす防潮堤改修計画も諸々の難問を越えてようやく実現の見通しがたってきた。

‘06年頃から、SKBの未来について深く考えるようになっていた。ソフトとハードをつなぎ、地域の可能性を文化的な視点から引き出し活用することで、地域にとって、社会にとって意味ある環境をつくる手助けをしたい、そのキーとなるものに「アートの持つコミュニケーションするチカラ」を活かしたい。そのような強い思いをもって取り組んで来た。私たちが試みたことはささやかだが、この33年間、自主独立で信じることを貫き通せたのは多くの人々の理解と協力、そして優秀でタフなスタッフの力による。そのことを何より誇りにしたい。

アーカイブ:2005〜2008年

阪神臨海部の新しいイメージづくりの調査検討

  • 兵庫県阪神南県民局企画調整部
  • SKB:調査・SKB:企画
2005年10月〜2006年3月[05-01]

阪神間臨海部の将来ビジョンを「なぎさイズム」をキーワードにソフト面から考える試みの続編。有識者インタビュー等に基づく具体的なヴィジョン提示。

丹波並木道中央公園2005-森の円卓会議準備会

  • 兵庫県丹波県民局県土整備部公園・ダム課/(財)丹波の森協会
  • 計画・SKB:コンサルティング
2005年7月〜2006年3月[05-02]

前年度からの継続業務。開園前の住民参加プログラムの実施、WEBサイトの更新、森林活動センターの利用・人材育成の検討、森の円卓会議の運営等。

大阪湾の港湾整備に関する地域住民の理解促進調査

  • 国土交通省近畿地方整備局/(財)大阪湾ベイエリア開発促進機構
  • SKB:調査・SKB:企画
2006年3月[05-03]

大阪湾および海に対する一般市民が抱くイメージをもとに、海への近親感の阻害要因を把握。今後の理解促進のために行なうべきことを提言。

立版古web制作

  • 国交省近畿地方整備局
  • 丸井
  • SKB:企画・制作・監理
2005年8月〜2006年3月[05-04]

立版古の活用状況を伝えるHPの企画制作(05年度)

有馬富士公園「有馬富士公園セミナー」支援

  • 兵庫県三田土木事務所/(株)ヘッズ
  • SKB:企画・コーディネート
2005年7月〜2006年3月[05-05]

パークマネージャー育成のためのセミナー実施支援

御前浜プロジェクトPART3(なぎさゼミナール)

  • 兵庫県阪神南県民局尼崎港管理事務所
  • ミル制作室中川
  • SKB:企画・計画・コーディネート
2005年6月〜2006年3月[05-06]

御前浜PJの継続作業。住民協働プログラム第一弾として「なぎさゼミナール」を連続開催。ソフトハード一体型整備など基本的な方針を行政・住民で確認。

尼崎西宮芦屋港みなと海岸防災学習支援業務

  • 兵庫県阪神南県民局尼崎港管理事務所
  • 日展:北村・内田
  • SKB:企画・計画
2005年11月[05-07]

尼崎港の閘門改修完成を機に、ゼロメートル地帯の海岸部の歴史と防災の現状を楽しみつつ学ぶ展示施設計画の参考資料

広報誌「ぷかぷかまんなか」企画制作・WEBコミュニティの運営

  • (財)港湾空間高度化環境研究センター(WAVE)
  • 井上理津子・丸井
  • SKB:企画・制作コーディネート
2005年8月〜2006年3月[05-08]

神戸港湾事務所内に新たに設置された「海の環境再生技術センター」のための広報紙の制作及びWEB制作及びwebネットワークによる広報活動。事情により4号で終了。

駅の食プロジェクトに関するコンサルテーション

  • 西日本旅客鉄道㈱
  • SKB:調査・構想
2005年11月〜2006年5月[05-09]

JR西日本管内の駅の飲食施設・駅弁・土産など駅構内や車内で流通する食サービスに関する調査と提言。

尼ロック(閘門)防災展示室計画

  • 兵庫県阪神南県民局尼崎港管理事務所
  • SKB:企画・制作
2005年11月〜2006年3月[05-10]

尼ロック見学ツール制作

地域資源発掘キット開発調査委託

  • 兵庫県立人と自然の博物館
  • SKB:企画・コーディネート
2006年3月[05-11]

「人と自然の博物館」広報ツールの企画・制作

海の再生環境技術センター・リーフレット作成業務

  • 国交省近畿地方整備局 神戸港湾空港技術調査事務所 海の再生環境技術センター
  • 井上・ツムラグラフィーク
  • SKB: 企画・制作
2005年6月〜2006年3月[05-12]

新しく設置された組織の紹介リーフレットの企画・制作

mine project

  • サントリー(株)次世代研究所との共同研究
  • 久保田・丸井・サントリー次世代研究所と共同
  • SKB:調査・研究
2005年[05-13]

アートを評価するしかけ、個々の価値を回収するブログなどを試行。2005年は「横浜トリエンナーレ2005」を題材に。

大阪湾の海域環境改善方策検討調査

  • 国交省近畿地方整備局神戸港湾空港技術調査事務所
  • 井上理津子/いぬんこ
  • SKB:企画・制作
2006年3月[05-14]

海の環境再生センターの広報誌「ぷかぷかまんなか」の企画・編集

丹波並木道中央公園(PART4)

  • (財)丹波の森協会
  • 計画・SKB:コンサルティング
2006年6月〜2007年3月[06-01]

前年度からの継続業務。(1)開園前の公園における①住民参加プログラムの継続実施及び人材育成等の検討、②広報計画の検討・実施、開園に向けた運営体制の再検討。(2)運営管協議会から「森の円卓会議」へ移行した検討の場を運営。

御前浜プロジェクトPART4(メッセージPJ)

  • 兵庫県阪神南県民局尼崎港管理事務所/(財)ひょうご環境創造協会
  • 神戸芸工大/ミル制作室中川
  • SKB: 計画・コンサルティング
2006年7月〜2007年3月[06-02]

PJ参加者による看板・サイン計画の立案により総合看板1号設置。SDA賞関西地区デザイン賞受賞。地域への広報イベントとして浜を会場に「かえっこ」を含むイベント開催。

21世紀 都市とライフスタイルに関する調査

  • 大阪ガス(株)
  • SKB:調査・研究
2006年9月〜2007年1月[06-03]

15年後の都市環境・ライフスタイルの変化を予測。'98年に実施した類似調査との比較をベースに、情報環境の変革・超高齢化社会・グローバル化などがもたらす大シングル社会の近未来像を描く。

大阪湾再生ニューズ・ぼちぼちいこかVol.1〜3

  • 国交省近畿地方整備局/(財)大阪湾ベイエリア開発促進機構
  • 井上理津子・丸井
  • SKB:企画・制作
2006年10月〜2007年3月[06-04]

大阪湾再生行動計画のWEBニュース版。大阪湾沿岸域の市民・NPOなどの活動を中心に取り上げる。廃刊になった「ぷかぷかまんなか」の再生継続。

地域資源発掘キット開発調査PART2

  • 兵庫県立人と自然の博物館
  • SKB:企画・制作
2006年12月[06-05]

「人と自然の博物館」広報ツールの企画・制作

阪神臨海部の新しいイメージづくりWEBサイト企画 Part 1

  • 兵庫県阪神南県民局企画調整部
  • 円陣:堀
  • SKB:企画・制作
2006年11月〜2007年1月[06-06]

前年度まで継続していた「阪神臨海部の新たなイメージづくり:なぎさイズム」の情報発信&ポータルサイト立ち上げ作業。

阪神臨海部の新しいイメージづくりWEBサイト企画 Part 2

  • 兵庫県阪神南県民局企画調整部
  • 円陣:堀
  • SKB:企画・制作
2007年2月〜3月[06-07]

「阪神臨海部の新たなイメージづくり:なぎさイズム」のWEB制作。行政サイドの方針転換によりオープンされず。

阪神尼崎駅高架下プロムナード・リフレッシュ計画

  • 阪神不動産(株)
  • 地域計画研究所(若狭)
  • SKB:調査・企画
2007年3月[06-08]

阪神尼崎駅高架下の空き倉庫の利用計画がきっかけで、駅空間をメディアとして用いた空間価値創出の提案。研究会方式で実施。

公共交通利用促進社会実験事業に関する広報

  • (株)社会総合システム研究所
  • PARK 辰巳
  • SKB:企画・制作
2007年1月〜3月[06-09]

公共交通利用促進による地球環境貢献を目的に、主要ターミナル駅・空港等に宅配サービスを組み込んだロッカーの設置・利用の社会実験のための広報物の企画・制作。

御前浜窓つき防潮堤計画

  • 兵庫県阪神南県民局尼崎港管理事務所/サンコーコンサルタント(株)
  • 神戸芸工大
  • SKB:企画・計画・コンサルティング
2007年1月〜3月[06-10]

御前浜PJのハード整備の中心である「窓付き防潮堤」の企画・設計コーディネート(参考:ガラスとの取り合い、高潮への安全性検討技術検討委員会の別途開催サポート)。パートナーの神戸芸工大では、花田・川北研究室+長濱(E-DESIGN)が担当

コンテナ貿易双六

  • (財)大阪港埠頭公社
  • のりちよ商会・鈴木規千代
  • SKB:企画・制作
2007年[06-11]

大阪港コンテナターミナル見学の子ども向け大阪港学習ツールの企画・制作。大阪港コンテナターミナルに関する豆知識、裏面は港湾流通を楽しみながら学べる双六に。

大阪湾再生ニューズ・ぼちぼちいこかVol.4月〜7

  • 国交省近畿地方整備局/(財)大阪湾ベイエリア開発促進機構
  • 井上理津子・丸井
  • SKB:企画・制作
2007年6月〜2008年3月[07-02]

大阪湾再生ニューズWEB版の継続作業。

丹波並木道中央公園(PART5)

  • 兵庫県丹波県民局/(財)兵庫丹波の森協会
  • 計画・SKB:コンサルティング
2007年6月〜12月[07-03]

前年度からの継続業務。(1)開園までの①住民参加プログラムの継続実施、②広報計画の検討・実施、(2)開園後の森林活動センターの利用検討・人材育成検討。(3)「森の円卓会議」の運営。(4)開園イベントの検討・実施

御前浜プロジェクトPART5(子どもと海辺PJ)

  • 兵庫県阪神南県民局尼崎港管理事務所/(財)ひょうご環境創造協会
  • ミル制作室中川
  • SKB:計画・コンサルティング
2007年5月〜2008年3月[07-04]

御前浜PJの継続作業。「子どもと海辺」をテーマに、参加者のグループ活動強化・自立的な活動への移行を図る。環境体験学習出前講座、砂浜景観再生実験の実施、防潮堤整備計画継続

OSAKA STATION PJ パブリックスペース計画(構想)

  • 西日本旅客鉄道(株)
  • 青木淳建築事務所ほか多数
  • SKB:企画・計画・コンサルティング
2007年9月〜10月[07-05]

大阪駅開発計画のなかのパブリックスペース計画の提案。青木淳建築事務所とのコラボレーションによる空間計画及びソフト計画の総合提案多くの協力者により作成したがJRの理解えられず。